任意売却はエリアに応じたサポートセンターを利用

売却業者の選定

書類と電卓

土地や建物を購入する時は、金融機関のローンを利用することが多いです。このローンが支払えない時は金融機関が不動産を没収し、法的な整理をすることになります。ただそういう法的な整理で不動産を売ると、市場価格よりもかなり安い値段になってしまいます。そのため法的整理ではない解決方法もあり、それを任意売却といいます。任意売却とは不動産の抵当を金融機関が外し、その状態で市場で売ります。こういう売り方をすれば市場価格に近い値段で売ることができるので、債権者や債務者にとってメリットがあります。またこの売却方法は専門的な知識が必要なので、専門サービスを提供している所があります。そのような所は無料相談ができることが多いので、気楽に問題について話し合うことができます。

不動産のローンが支払えなくなった時は、競売にかけられて物件は売却されます。ただ競売で売られる時は売り方がかなり特殊になるので、市場価格より大幅に安い値段になります。そうなると色々困りますから、市場価格で売る事が出来るようになっています。そのような市場価格で売却できる方法として、任意売却というやり方があります。この方法は債権者と債務者が協議をして、合意をした結果抵当を外して市場で売るものです。こういう形で売ることができれば市場価格で売れるので、債権者や債務者にとってもメリットがあります。ただ債権者と債務者の交渉は難しく、交渉がうまくいかないとこの制度は利用できません。最近はそのような交渉を代わりにやってくれる業者があり、そういうところに頼めば解決できるケースもあります。