任意売却はエリアに応じたサポートセンターを利用

トラブルを円滑に解決

パソコンと男性

住宅ローンの支払い不能に陥った場合には、債権者による競売処分か自らの意思に基づき処分する任意売却かで住宅を処分し、その代金を住宅ローンの返済に当てなければなりません。競売と任意売却では、後者の方が所有者(債務者)にとって大きなメリットがあります。それは、競売に比較し住宅を高く売却する事が出来ることに加え、精神的ストレスが少ない事です。競売での処分は相場に比較しかなり割安に売却され、その手続きは所有者の事情や都合は全く無視され裁判所によって事務的に進められるのです。一方、任意売却の場合には、競売に比較し高い金額で処分出来る上に、引き渡し時期など所有者の都合を反映して売却を進めることが出来ます。しかし、この場合には、ローン残高を下回る住宅売却について債権者との交渉や売却代金の配当なについての交渉が必要になります。この交渉には法律の知識が必要になるのです。

住宅の売却だけであれば、不動産業者だけでも十分です。しかし、任意売却が成功するかどうかのポイントは債権者と如何に交渉して、競売の申し立てを止まらせ、任意売却に同意させるか、適正な価格で売却出来るか、所有者の引越し代を確保出来るかです。また、任意売却であれ、競売であれ残った住宅ローンは住宅を売却しても請求され続けます。その額が支払える範囲であれば、分割金額についての債権者との交渉、支払いが不可能である程の住宅ローンが残る場合には、破産手続きなど、住宅の売却だけではなく、問題を全体を解決しようとすると法律的な手続きも必要になることから、法律的なな手続きも相談できる専門サービス業者にトータルでの解決を依頼することが一番です。