任意売却はエリアに応じたサポートセンターを利用

変わることで

女性

任意売却は住宅ローンを滞納している人の選択の1つとして受け入れられています。数年前まではこの言葉を知っている人はあまりいませんでした。また、任意売却する人もいませんでした。理由は不動産の価値が購入額より下がることがなかったからです。購入した土地は必ず値上がりし転売するときには大きな利益をもたらしたからです。購入額よりも高く売れることが当たり前の時代でした。今は不動産を購入して転売をしても価値が下がることはあっても上がることはなくなってきました。その為に住宅ローンを組んで住宅を購入した人たちの中に住宅を売却しても残った住宅ローンの支払いができない人たちが増えてきました。その人たちの救済の1つとして任意売却があります。

住宅ローンの支払いが困難になり任意売却を選択する人は増えていくでしょう。任意売却には、精神的な苦痛が少ないことと住宅を市場価格で売却することができるので金銭的なメリットが大きいです。これは債権者にも言えることです。少しでも負債を少なくしたい債権者にとっては少しでも高く住宅を売却できる任意売却はメリットが大きいです。住宅ローンの支払いが困難になる理由としては離婚、病気、家族の病死、収入の減少などがあります。住宅を購入したときには予想もしていなかった突発的なやむにやまれない事情があることが多いです。競売よりも任意売却は債務者の精神的負担も少なからず軽くしてくれます。競売にかけられるよりも任意売却のほうが再出発もしやすくなります。