任意売却はエリアに応じたサポートセンターを利用

サポートセンター

書類を読む男性

日本では住宅を購入する際に住宅ローンを利用する人が多いです。住宅ローンは購入する不動産を担保に差し入れる事によって借り入れる事が出来るローンであり、人生で最も高いと言われる住宅の購入費用の調達手段として重宝されています。しかし、住宅ローンは借り入れる金額が大きいため毎月支払わなければならない利子の金額も大きく、中には元利金の返済が出来なくなってしまう人も少なくありません。元利金の返済が滞ってしまうと金融機関によって担保に差し入れた不動産が差し押さえられ強制売却にかけられてしまいます。強制売却を通じた不動産売却は価格が低く抑えられる傾向が高いため、こうした自体を避けるためには任意売却を行う必要があります。しかし任意売却を行うには不動産や法律に関する専門知識が必要となり、こうした知識の無い人には難しいのが実情です。失敗しないためには、専門知識を有する専門家に頼るのが無難なのです。

任意売却をスムーズに行いたいのであれば、法律の知識に長けた弁護士に依頼をするのが最も無難ですが、他にも類似のサービスはあります。その代表例は不動産仲介業者が行っている任意売却支援サービスです。不動産仲介業者は不動産市場に精通しており、どの不動産物件がどれぐらいの価格で売れるのかという事を知っています。また、売買プロセスにも精通しているため、弁護士に依頼をするのと遜色の無いレベルのサービスを受ける事が可能です。但し、弁護士による専門サービスとは料金設定が異なるので注意が必要です。弁護士はサービスを提供した時間に応じてチャージされるのに対し、不動産仲介業者の場合は売買代金の一定割合が手数料としてチャージされます。